12月ももう半ば。

クリスマスが終わると、あっという間にお正月ですね!

開花園では、お正月向けの立派な松がたくさん入荷してきましたよ。

門松に使われる大王松やおめでたい時に使われる五葉松をはじめ、お馴染みの若松までこんなにも種類があったんだ!と驚きました。

特に今回はお隣石川県から入荷してきた「白壽」が素晴らしい!!

 

美しい葉はもちろん、曲がった枝の姿が美しい「白壽」

この曲げ方は特許を取っており、絶対に真似できないという逸品です!

 

その他、「君が代」にも登場し、《令和》の由来となった万葉集にもたくさん出てくるほど日本になじみのある苔。その苔を丁寧につけた苔松も入荷しています。

松は幸福や健康を意味する縁起の良い植物。

新しい年、家族の健康を祈ってお正月にはぜひお家に飾っておきたいものですね。

 

【大王松】
生け花や門松に使用される松。
【寿松】
芽が出ているのが特徴。おめでたい時や祈願する時に使われます。
【蛇の目松】
斑入りで高級な松。お祝い事に使われます。
【寿松】
芽が出ているのが特徴。おめでたい時や祈願する時に使われます。
【五葉松】
一つの枝から5つに枝分かれしている松。手のような雰囲気から”全ての事に良い”とされているので結納や商売繁盛を願う時などに使われる。
とっても枝ぶりが良い逸品です。
【三光松】
一つの枝から三つに枝分かれした松。
【苔松】
苔が付いた松。人工的に苔を貼り付けた物もある。