+01 23456789 claue@domain.com
Summer sale discount off 50%! Shop Now

カート

サボテン 黒王丸

¥120,000

青灰色を帯びた肌に、厳しいとげ。数多くのサボテンのなかでも、水際立った存在感をもつのがコピアポア・シネレア。国内では黒王丸の名で呼ばれることが多い。

サボテンを育てている人の多くが、いつかは育ててみたい憧れのサボテンが、この黒王丸。海外でも人気で、とても需要があるにもかかわらず、手に入りにくいこともあって、世界的に品薄な状態。個体ごとに開花がずれてタネがとりにくいなど、実生でふやしにくいのも原因の一つです

商品コード: kaikaen-016 商品カテゴリー: , ,

説明

チリの自然が生み出す 野性味あふれる風貌

青灰色を帯びた肌に、厳しいとげ。数多くのサボテンのなかでも、水際立った存在感をもつのがコピアポア・シネレア。国内では黒王丸の名で呼ばれることが多い。

「サボテンを育てている人の多くが、いつかは育ててみたい憧れのサボテンが、この黒王丸。海外でも人気で、とても需要があるにもかかわらず、手に入りにくいこともあって、世界的に品薄な状態。個体ごとに開花がずれてタネがとりにくいなど、実生でふやしにくいのも原因の一つです。たとえ手に入っても、姿よく育てるのが本当に難しいサボテンです。現地の自然環境のなかで培われた、荒々しい姿に憧れて育てても、国内ではなかなかうまく再現できないんです」

黒王丸をはじめとするコピアポア属のサボテンが自生するのは南アメリカ大陸西部の国、チリ。コピアポア属はチリの南北およそ1200kmの地域に各種が自生しており、2010年に鉱山の落盤事故で世界的なニュースにもなったコピアポという町の名前が、属名の由来だ。

「コピアポア属の自生地は、年間を通じて昼夜の温度差が大きく、雨季でも雨がほとんど降らない乾燥地帯。霧がよく出るので、その水分を取り込みながらゆっくりと育つことで、本来の独特な風貌になります。雨よけをしたり環境をつくりつつ、いかに適切に水やりを控えるかが栽培のポイントです」

追加情報

大きさ 55 x 55 x 70 cm