球根ベゴニアは、たくさんあるベゴニアのなかでも 
最も華やかな園芸品種群で、ボタンやツバキのような豪華な花が 
ベゴニア園をもつ観光施設や植物園で人気を呼んでいます。 

 球根ベゴニアは、庭植えは向いていないので鉢植えがおすすめです。 
梅雨明け以降は風通しのよい半日陰でできるだけ涼しくし、 
確実に夏越しさせたいときはクーラーの効いた室内に取り込みます。 

 生育期は土の表面がよく乾いたらたっぷりと水やりし、 
高温期になり株が弱ってきたら控えめにしましょう。 
秋は地上部が枯れ始めたら水やりを控えめにしたほうがいいです。